横須賀中央のカフェmonstyle(モンスティル)で季節の野菜プレートランチを食す

横須賀のカフェmonstyleでランチ 医食同源

7月の3連休のまんなか、横須賀中央で三浦野菜がたっぷり食べられる野菜プレートのランチがあると聞きつけ、パリの子供部屋のような店内がかわいいmonstyle(モンスティル)でランチを頂きました。

横須賀中央のかわいいカフェ、monstyle(モンスティル)。開店から8年たった今も人気のお店

出かける用事があっても、「暑いしめんどうくさい〜行くのやめようかな??」と、怠け心が顔を出す、基本出不精の私。

こういうときはそこに行くべき楽しい目的を作るのが一番。となるとやっぱり食べ物だわ(笑)。

横須賀といえば、魚介や海軍カレーのイメージだけど… 。ここは野菜にこだわりたい!と見つけたのがこちらのお店。

横須賀中央のカフェmonstyleのエントランス

この雑多な感じ、良いカフェの予感

京浜急行、横須賀中央駅から徒歩4分のところにある人気カフェ、monstyle(モンスティル)。古びたビルの1階を、パリの子供部屋のようにポップでカラフルな空間にリノベーションしたお店です。

訪れたのは3連休のまんなかで、店内もほぼ埋まった状態でした。自分たちのテーブル以外、店内の写真を撮ることは難しかったので、内装のイメージをご覧になりたい方はmonstyleのインスタグラムでチェックしてくださいね。

窓枠ぴったりのボックスに納められた多肉たちがかわいい。

「野菜のプレート」は絶品!新鮮な色とりどりの三浦野菜をいただく

ゴールドの額縁に入れられたメニュー表に目を通したあと、計画通り「マフィンと野菜のプレート」を。

私は普段小麦抜き、砂糖抜きの食生活を送っています。マフィンは本来ならアウトだけれど、メニュー表の「vegan muffin付き」の文言にひかれて食べてみることにしました。

この日は連休のまんなかだったので、中の人が足りていないのか、注文してから少し待つことに。

しばらくして、目も覚めるような真っ赤なプレートに、色とりどりの三浦野菜のサラダとマフィンが運ばれてきました。

フリルレタス、紫玉ねぎ、きゅうり、トマト、とうもろこし、枝豆、ズッキーニにインゲン、ネバネバ系の緑の野菜、そこにジャガイモとオクラをカレーと香辛料で炒めたザブジ、鶏肉がトッピングされていました。

野菜のプレートと聞くと淡白な味を想像するでしょう?

でもmonstyleの野菜のプレートは味がしっかりしているんです。ザブジと鶏肉が濃いめの味付けなので、それがドレッシングのように効いて、野菜がさらに美味しく食べられる。

ちなみにサラダの上にのっているスライス状のものは紫芋のチップスです。最初、「えっ、トリュフ?」とびっくりしたのは何を隠そうこの私(←格付けチェックに絶対出したくない人)。

食感、彩り、味覚ともに大満足の野菜のプレートは、サラダなのにメイン感覚で頂くことができるので、ダイエット中の方にこそ食べてもらいたい一品です。

ビーガンマフィンはサラダのパンチとバランスするかのように、甘さはかなり抑えられています。おかげで砂糖断ち中の私も、あまり罪悪感を感じることなく美味しく頂くことができました。

飲み物は「酵素ジュース」をオーダーしましたが、こちらはすごく甘くて…。フレッシュジュースのようなものを想像していたら、あまーいシロップの炭酸ジュースでした。

ミントとレモンが飲み口爽やかで、そこは気に入ったものの、オーダーの際にしっかり聞いておけばよかった〜。次に来るなら豆乳のバナナジュースかな?

飲み物は砂糖断ち中と公言している割には油断してしまいましたが、「マフィンと野菜のプレート」は想像以上のお味。季節ごとに野菜の内容も変わるそうなので、季節が変わった頃に横須賀を訪れる楽しみが増えました。