今あるものと兼用で、キッチンから物が劇的に減るミニマリスト的思考とは?

なくても何とかなると気付けばキッチンから物が劇的に減る 暮らしのエッセンス

横浜の中華街で美味しい中華まんを買った時のこと。よく考えたら我が家は蒸し器もセイロもありません!さて、どうしよう?とキッチンを見渡せば、ありました、いつものフライパンが。

横浜中華街の誘惑。買ったはいいけれど…。

洗い物や片付けの手間を少なくするために、持ち物は必要最小限を心がけています。普段はそれで問題ないのですが、時々「困ったな…」と思う瞬間があることも事実。

そんな時でも、すぐに必要なものを買ってしまうのではなく、今あるものでなんとか代用できないかを考えるようにしています。

一番最近では、休日の横浜でのランチの後に立ち寄った元町中華街でお得な中華まんに遭遇した時のこと。

 

わーい、肉まん肉まん^^

美味しそー。

 

…って、蒸し器ないわ、うち。

 

元町の大珍食品公司さんで、お買い得な肉まんの魅力に抗えず、肉まんとフカヒレまんを2パックも買ってしまいました…。

蒸し器もセイロも我が家にないことを思い出したのは家に着いてから。

試しに1個だけお水をかけてラップに包んでチンしてみたけれど、皮がもっさりして美味しくない。やはり中華まんを美味しく食べるには蒸す調理器具が必要なのでは??

しばらく思い悩むうち、キッチンの壁に吊るしてあるフライパンに目が留まりました。

蒸し器もセイロも必要なし?中華まんはフライパンと網があれば蒸せる。

用意したのは我が家に一つしかないフライパン(28センチ)と、割れてしまったお皿に付いてきた揚げ物用の網、それにステンレス鍋の蓋の3つ。

フライパンに網の高さギリギリまで水をはり、沸騰したら網を置く。その上に肉まんをのせて蓋をし、10分から15分ほど蒸します。

フライパンで肉まんを蒸す方法

肉まんが大きすぎて、蓋がしっかり閉まらないのはご愛嬌。

フライパンで蒸す場合、沸騰させる水の量が少ないので、いつの間にかフライパンが空焚きにならないよう水の量には気をつけて。

半信半疑でトライしてみたやり方ですが、蒸し器で蒸したのと変わらないふわふわな蒸しあがりで大満足。

蒸し器がなくてもモチモチの皮とボリュームタップリの具を家族で堪能することができました。

滅多に使わないものは買わずに済ませ、今あるものを最大限に活かす

蒸し器やせいろを使うようなお料理はあまりしないこと、お手入れや収納場所のことなどを勘案して、我が家には必要ないとそれらの調理器具をあえて買わずにこれまで過ごしてきました。今回もフライパンを使って急場をしのぐことに。

賃貸住まいの我が家では、お料理に合わせてすべての料理器具を揃えていては、収納場所がいくらあっても間に合いません。

家での使用回数を考えて、頻繁に使うものでなければ他のもので代用できないか考えてみること。その積み重ねによってキッチンから物が減り、物に振り回されない身軽な暮らしに近づくことができています。

手拭きタオルは2枚で十分。キッチンは正方形のハンドタオルがおすすめ

2018.07.10