砂糖断ち中におすすめの甘いおやつ「ドールのオーガニックバナナ」

ドールのオーガニックバナナ 医食同源

甘いものジャンキーだった私が、人生3度目の砂糖断ちを始めて早1ヶ月。なんとか続けて来られたのは、これなら食べても大丈夫!なおやつを適度に補給してきたから。その代表がみんな大好きバナナです。

甘いバナナは砂糖断ち初期のおやつに最適

砂糖断ちを決心して、だいたい2週間くらいは順調なんです。

問題は砂糖をやめて1ヶ月くらいのとき。新しいことを始めるときの高揚した気分が落ち着き、スタート時のモチベーションが明らかに下がってくる。

ここでたまらずお菓子爆食‼

スタートにもどる。

(チーン)

…みたいな人生ゲーム的展開にならないためにも、適度な甘味の補給が必要です。

そこで登場するのがバナナ。バナナ一本って結構なボリュームがあるし、甘みも強いので満足感があります。最近は週2ペースくらいでバナナを食べているかも。

でもバナナって安全なの?

私の母は添加物や農薬といった言葉に敏感で、子どもの頃から「バナナは農薬まみれだからあまり食べない方がいい」と聞かされて育ちました。

私はそこまで農薬について気にするタイプではないのですが、母のこともあってなんとなく、

「バナナ=体に悪い」

というイメージを持っていました。

今でも普通のバナナを食べるときは、どこか後ろめたさを感じずにはいられません(親の刷り込みってすごい)。

でも砂糖をやめると、罪悪感なく食べられる甘味ってフルーツぐらいなんです。それなのに年中手に入るバナナが食べられないのはキツイ。

同時にポストハーベストや化学肥料のことも気にならない訳ではありません。せっかく砂糖をやめているのだから、体の負担となりそうな農薬や化学肥料はできるだけ避けて通りたいもの。

砂糖断ちにぴったりのオーガニックのバナナを見つけた!

そんな折、いつものスーパーでドールのオーガニックバナナが売られていることに気づきました。

有機JAS認証取得園地で栽培され、化学的に合成された農薬・肥料の使用を避けて栽培されているとのこと。これなら安心して子どもたちにも食べさせることができます。

皿の上のドールオーガニックバナナ

ドールのオーガニックバナナは他のバナナと比べて皮の色が薄め。

ドールのオーガニックバナナはお菓子に手が伸びそうになったときのストッパー

早速買ってきて、ひと口ずつ味わって食べてみました。

ドールオーガニックバナナを食べた感想

・皮の色が普通のバナナよりも薄いため、青臭いのかしら?と思えば、ドールの「極撰(ごくせん)」やスミフルの「甘熟王(かんじゅくおう)」との違いがわからないくらいのしっかりした甘さ。

・オーガニックだからと言って、皮が傷んでいることもなし(多少の黒ずみはあり)。

・値段は298円(税抜き)でお財布にも優しい。

と、否定的な要素は見当たらず。これは我が家の定番バナナに認定です!

お菓子以外のおやつのバリエーションがあれば、砂糖断ちのハードルはグンと下がります。食べ過ぎない程度にバナナや他のフルーツを利用して、甘いお菓子への依存を断ち切りたいと思います。