小物で秋を先取り。晩夏の大人の着回しにボルドー色のフラットシューズ投入。

秋色を小物で効かせた晩夏の大人ファッション 大人のリアル通勤服

8月も終わりになると、実際の暑さはさておき、秋のニュアンスを感じさせるファッションが気になります。晩夏の装いにボルドーのフラットシューズをプラスして、残暑厳しい夏の終わりのコーディネートを考えてみました。

晩夏のファッションは夏服に小物で少しだけ秋色をプラス

ボルドー色のフラットシューズ

ボルドー系は秋が近づくと手に取りたくなるカラーのひとつ。

今年はバックか靴にボルドーを入れたくて、街のショップではその2点を重点チェックしてきました。

アーバンリサーチのラインであるRODE SKO(ロデスコ)のポインテッドシューズは、そのパトロール最中に見つけたもの。

アーバンリサーチはシンプルな形のトップスを探すときに頼りになるショップ。

余計な装飾がないもので、丈感や着たときのゆとり感にフォーカスしてトップスを探すなら、アーバンリサーチは外せません。

トップスの購入でお世話になることの多いアーバンリサーチですが、シューズのような小物の購入はこれが初めてかも?

お店で試し履きさせてもらったら、見た目と違って痛くない。外反母趾気味で合う靴がなかなか見つからない私、速攻お買い上げです。

決め手は履き心地だけではなく、起毛素材の深いボルドーの色味が気に入ったから。このフラットシューズを履くと、それまでの夏服が急に秋めいた雰囲気になるから不思議。

秋色の小物同士を色でリンクさせてポイントに

黒トップスとボルドー色のフラットシューズのコーデ
シューズはシーズン初めの種類もサイズも揃っているうちに手に入れるのが吉。

ユニクロの濃い目のシガレットスキニーフィットジーンズに、BEUTY & YOUTHの今年らしい五分袖カットソーを合わせたコーディネートを考えました。バックのオフホワイトで全身が重くなりすぎないよう抜け感を加えて。

首元には秋から出番の多くなるcitrus(シトラス)のネックレスを。

ベースのネイビーに所々葡萄のような赤紫色が散りばめられています。シューズのボルドーとネックレスの赤紫で秋色のリンク。

このフラットシューズ、アーバンリサーチの商品説明ではカラーは「プラム」らしい。

色の名前もたくさんあって難しいですね。ワイン色、ボルドー色、葡萄色、プラム色…。あら?みんな食べものにまつわる名前!

トップスを白に替えるとよりカジュアルに。

白トップスときれい目デニムをボルドー色のフラットシューズと合わせたコーデ

こちらも同じくシトラスのネックレスを合わせて。トップスが白だとカジュアル感増大。通勤用には黒であわせて、オフの日は白で合わせるのが良さそう。

ミッドブルー&ボルドーの組み合わせに開眼。

白トップスとボルドー色のフラットシューズのコーデ

蒸し暑い夏の通勤服として、ついつい手が伸びてしまうINDIVIのミッドブルーのガウチョ。落ち着いたトーンのブルーなので、9月に入ってもまだまだ寝かせません。

ここにきてダークトーンのブルーとボルドーの合わせに目覚めました。主張の強い色同士なので、アクセサリーはなしでシンプルに。

春に買ったBEAUTY & YOUTHの白いカットソーは、TOFF&LOADSTONEのショルダーバッグで引き締めて。この格好にショルダーストラップを合わせると、どことなく画学生風?

ボルドーとネイビーは鉄板の組み合わせ

ネイビートップスとボルドー色のフラットシューズのコーデ

ボルドーと合わせるものに困ったら、安定のネイビーを。

グレーイッシュな薄水色のエスニック風スカーフは大人のリアル通勤服:40代が若者ブランドで服を買うとき気をつけたいことでも合わせていたradiateというショップのもの。

コントラストの大きいふたつのカラーの緩衝材のような役割をになっています。

合わせたバッグは秋から春にかけて通勤で毎日のように使っている土屋鞄製造所のクラルテ サージュブリーフトート

長いブランクの後に再就職しようと決めたとき、通勤用のバッグとして先行投資で選んだものです。3年経って、象の肌色のような、素敵なグレーの革に育ってきました。

少ない服で着回すなら、カラーアイテムは服より小物で取り入れて

秋色のカラフルな葉っぱ

今年は濃いめのピンクやイエローなどのビビッドなカラーを、ボリューミーなロングスカートで着ている人を多く見かけます。

ボトムスに大きな面積で主張の強い色を使うと、トップスは自ずと黒一択に。多分、飽きるのも早い。

少ない服で回すなら、カラフルなアイテムは大きな面積ではなく、靴やバッグ、アクセサリーなどの小さな面積で取り入れる方が着回しもできて飽きません。

ベーシックな服に、ポイントで季節を感じさせる色を少し差す。服で色を増やさずに、小物で色や形を変えてあげる方が、持っている服の数以上の組み合わせが楽しめるのでおすすめです。

秋の差し色といえば、ボルドー以外にもマスタード、フォレストグリーン、パープルなど、好きな色がいっぱい!

残暑厳しい8月、9月は、着慣れた服にきれいな秋色を少し重ねて、秋の着こなしに少しづつシフトしていこうと思います。