About

はじめまして。

「身軽にいこ。」をご覧の皆さま、初めまして。当ブログの管理人、暮田サラ(ハンドルネーム)です。

ブログタイトル「身軽にいこ。」は、「自分スタイルの衣食住を極めて、余計なものを手放し身軽に暮らしたい」という想いから命名しました。

私自身、「これが私のスタイル」というものがはっきりしてくる40歳前後から、生きて行くことがとても楽になったと感じます。

物質的なものから精神的なものまで、自分のスタイルに沿ってものごとを取捨選択することで暮らしが身軽になる。その過程をブログでお話ししていけたらと思っています。

アクセサリー

目指すは「周りから浮かずに、でもなぜか印象に残る大人の通勤ファッション」

出産後12年のブランクを経て、恐る恐る週3パートのお仕事に応募。その1年後に同じ職場でフルタイムの契約社員となりました。

長〜い専業生活から週3パートに合格し、喜びもつかの間、最初に脳裏に浮かんだのが、

「会社って何着てけばいいの!?」

雑誌を見たりネット検索をするも、

『長すぎるブランクの後にまた働き始めたアラフォー主婦が輝くオフィスファッション』(キラーン)


…そんな特集どこにもありません(笑)!!

紆余曲折の後、最終的にはベーシックな手持ち服に小物で変化をつける着こなしに落ち着きました。

もともとの手持ち服はかなり少なく、そこにスカーフやネックレス、柄物を少し効かせるのが私の通勤コーディネート。

服より小物がおしゃれの近道。少ない服をおしゃれに見せる小物使いのルール

2018.08.12
「周りから浮かずに、でもなぜか印象に残る大人の通勤ファッション」という、攻めづらいコーナーを密かに攻めています(笑)。

サラダ

私は重度のアトピーでした。

砂糖断ち、グルテンフリー、アンチエイジングというキーワードに弱いです。

小学校高学年から長男を出産するまで、肌が象の皮膚のように乾燥し、掻きこわしてはステロイドを塗りたくるという重度のアトピーを繰り返し発症しました。

長男の妊娠がわかったとき、子どもをアトピーで苦しめたくないとの思いから、病院で悪化要因と言われたイースト、砂糖を極力摂取しない食生活にチェンジ。

パンや甘いものが大好きだった私にとって、この二つが食べられないストレスは相当なものでした。特に妊娠初期は夢にお菓子が繰り返し出てくるほど。

しかしそのお陰で長男の出産とともに、長年悩まされてきたアトピーとはおさらばすることができたのです。

この経験から、体調が悪くなったときは砂糖やパンを控える食生活を心がけるように。40歳を過ぎる頃からお腹周りが痩せなくなったなぁと感じ、今また鋭意砂糖抜き、小麦抜き生活を送っています。

これで砂糖をやめられた!砂糖断ち中に食べたい美的おやつ10選

2018.07.05
地図

持ち家を売って賃貸に暮らし替え

数年前、夫が転職をすることになりました。新しい職場は東京のお隣の県。雪深い地方から家族全員で引越しです。

環境の良い田舎から、なぜわざわざ都会に引っ越しするの?買った家は?親は?

引越しを告げると、みな聞いてくるのはそのようなことでした。

私たち夫婦といえば、

  • 住んでもいない土地の良し悪しなんて住んでみるまでわからない。
  • 家っていっても中古だし、そもそも家というモノに縛られて生き方を変えられないのはおかしい。
  • 親のことは気になるけど、まだ介護が必要な年でもないし、今しかできないことをやってみよう!

と、皆の心配をよそにどこまでもポジティブでした。

地方で安定した暮らしも悪くないけど、地方ならではの閉塞感もあって、当時の私は少し息苦しい毎日。

それまで築いてきたものを手放し、新しいフィールドに飛び込むことにそれほど迷いはありませんでした。

そして数年たった今、その選択に後悔はありません。

家を手放し、環境を大きく変えたことで、毎年海外に行けるようにもなりました。

今は家を持つことより、成長して一緒に過ごすことも少なくなった子どもたちと、世界の多様性や美しさに触れることに喜びを感じます。

常識から少し外れたことで、以前よりもずっと身軽に自分らしく暮らせるようになったこの暮らしを我が家は楽しんでいます。