大人のリアル通勤服:40代が若者ブランドで服を買うとき気をつけたいこと

RADIATEのスカーフとベージュトップス 大人のリアル通勤服

こういうスタイルが好き!という自分軸のスタイルはありますが、お洋服を買うショップはいつも決まっている訳ではありません。欲しい服のイメージを念頭に、時には年齢的に対象外のファッションブランドでお買い物をすることも。

RADIATEのスカーフとベージュトップス
tops:NATURAL BEAUTY
scarf:RADIATE
pants:PLST
bag:INDIVI

ベージュトップスにグレイッシュな水色をさして黒で引き締める

肌寒い梅雨空から一転、気温が急上昇したある日の通勤コーディネート。

トップスはNATURAL BEAUTYのベージュトップスに、RADIATEの水色エスニックスカーフ。パンツはPLSTで足首丈の、麻のネイビーパンツです。

ポイントはトップスのベージュと水色のスカーフのカラーコンビネーション。

この色の組み合わせはあまり見かけないうえ、どことなく上品な雰囲気もあって、大人女子におすすめしたい配色。

ベージュ×グレーがかった水色のペールトーンを、スカーフに使われた黒で引き締めています。

RADIATEのスカーフアップ

基本ベーシックな無地の服に、アクセサリーやストールなどで色や柄をさすコーディネートが好みなのですが、このトップスにスカーフを合わせているのには別の理由もあって。

実は首あきが自分の理想のラインよりも広く、着ていて落ち着かないので、スカーフで必死に隠しているんです(笑)。

理想の一着が見つからないときこそ、選択の目はシビアに

トップスを購入したNATURAL BEAUTYは、対象年齢が20代後半から30代半ばくらいまででしょうか?「きれいなお姉さん」系の、フェミニンなイメージのファッションが多い印象。

2年前たまたま横浜そごうのNATURAL BEAUTYを通りがかり、このトップスを見つけたときは、デザイン・カラー・価格と、探していた服のイメージにかなり近いと小躍りした記憶が。

「ベージュのラウンドネックで、手頃な価格のトップス」という、どこにでもありそうな服を探していたつもりが、なかなかピンと来るものがなく、少し疲れていた頃でもありました。

そういうときって、いつもよりもの選びの基準が少しゆるくなってしまいますね。

首あきが理想より少し広めなことに目をつぶってしまいました。合うサイズが店頭になく、わざわざ取り寄せてもらうほど納得の一枚だったはずが…。

実際に外で着てみると、試着のときに気になった首あきの広さがとにかく気になる!気になり過ぎて仕事にならない(笑)!!

同じように見えるデザインでも、ブランドターゲットの年代以外が着る場合はディティールの違いに注意

このトップスのしっくりこない原因は、やはり首回りの空き加減でした。ネック周りの空き具合も、ブランドターゲットの年齢層に合うようデザインされていることを痛感。

今は40代も30代も20代も、お洋服のスタイルが似たり寄ったり。ベーシックな色やデザインなら着れちゃうんじゃない?とつい油断してしまいがち。

40代の女性が対象年齢の若いショップ(20代後半から30代)でお買い物をするときは、首回り、袖周りの空き具合、色のトーンなど、大人が着ると周りが違和感を感じるディティールに敏感になりましょう。

そこに気づかないと、下品に見えたり、かわいらし過ぎたり、イタい人にまっしぐら。

試着室で前かがみになったり、腕を上げてみたり。見苦しいところはないか、顔がくすんで見えないか?じっくり観察してからでも遅くない。

そうして試着してみて少しでも違和感を感じたら、その服とは縁がなかったとあきらめること。

これまでの経験上、そういう服は次第に袖を通す機会が減って、あまり着ないうちに手放してしまうことが多かったからです。

違和感のある服、年齢に合わない服を手放し、少数精鋭のクローゼットへ

2018.09.07

↑結局このトップスは今年でお別れすることに…。

少ない服で着回しを楽しむためには、手持ちの服はすべてスタメンでなくては。自分が着なくて誰が着る!という一枚に出会うまで、焦らなくても良いのです。

買わなかった後悔より、買った後の後悔の方が数倍も大きいのですから…。